Top >  ゴルフスイングとは >  ゴルフスイングとは

ゴルフスイングとは

ゴルフスイングはゴフルを上達させるために必須のテクニックです。
このゴルフスイングは何からはじめればよいのかといいますと、アドレスからはじまるのです。
ゴルフスイングのアドレスと書いてもカタカナでよくわからない人もいるかと思いますので少し説明をしましょう。
一言でいいますと、アドレスとは、ゴルフスイングをする際の構え方です。
つまり、正しいアドレスができないと、ゴルフスイングがうまくいかず、ゴルフも自然と下手になってしまうのです。
それでは、どうすればアドレスが上手になるのかといいますと、まずは正しい姿勢をきっちり身につけましょう。
アドレスのポイントは、右肩が右足甲の真上にくるようなポーズをとることです。
右肩が右足甲よりも前に出てしまいますと、前に体重がかかり、傾きすぎている姿勢のアドレスはバランスがとりにくくなります。
そして、逆に姿勢がピンとしすぎたアドレスは、身体がリラックスできずに、回転する際、柔軟さに欠けたぎこちない動きになってしまうのです。

 <  前の記事 ミドルアイアンとは  |  トップページ  |  次の記事 バックスイングのコツとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4832

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフ ~ゴルフスイングの上手になるコツをつかもう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。