Top >  ゴルフスイングとは >  ゴルフスイングのロングゲームとは

ゴルフスイングのロングゲームとは

ドライバーは、クラブの中で1番シャフトが長く、ボールを遠くへ飛ばすためのクラブゆえに、ついつい力が入ってしまうクラブだといえます。
そのため、ドライバーが一番難しいクラブだという人は結構いるようです。
そこで、このもっとも大切なうえ、しかも一番で打たなければならないドライバーのショットは、ほぼその日のゴルフのペースを決めてしまいますので、ぜひとも練習を重ねてよいショットを打ちたいものです。
それにもかかわらず、なかなか飛ぶ距離が伸びないという人は、まず、このクラブが飛ばせるだけどこまでも遠くまで飛んでくれるクラブではないことを理解しましょう。
そして、ドライバーを使ったショットのコントロールができるように練習をすれば、スコアもきっとアップすることでしょう。
たとえば、ゴルフスイングを例に少し説明をしましょう。
トップは、上体を回転させてスムーズにボールに伝えるため、ゴルフスイングの頂点における形がポイントを押さえることになります。
このトップの上体でバックスイングする時に右腰を右側に突き出していないかどうかをチェックしてみましょう。

 <  前の記事 リズミカルなゴルフスイング  |  トップページ  |  次の記事 正確なダウンスイングとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4843

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフ ~ゴルフスイングの上手になるコツをつかもう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。