Top >  ゴルフスイングとは >  正確なダウンスイングとは

正確なダウンスイングとは

トップで右腰が右側に突き出してしまいますと、正確なダウンスイングすることは難しくなります。
右側に突き出したかわりに、ダウンスイングのときには左側に動かなければならず、左側に身体を動しますので、安定性がなくなりよいショットが打てなくなります。
そのため、右ひざと右足の付け根で体重を支え、バックスイングのときに体重を右ひざに乗せるような感覚で打ちましょう。
右肩が落ちないように気をつけながら、右ひざで身体全体の重さを受け止められるようになれば、腰が右側に突き出ることはなくなります。
それと同じように、腰が左側に突き出る場合は、左ひざに身体の重さをかけましょう。
そして、右足の付け根がしっかりすれば、右側に突き出ることがなく、右足の太ももにピンと張ったような感じがします。
右足で身体の重さを支えれば、クラブをうまくコントロールできて、ナイスショットが打てるようになるでしょう。
ドライバーは、クラブの中で1番シャフトが長いクラブですが、思いきり振らなくても、正しいポーズでボールを打てば、自然と芯を捉えて打つことができますので、距離を伸ばし、正しいアクションでスイングの練習を重ねましょう。

 <  前の記事 ゴルフスイングのロングゲームとは  |  トップページ  |  次の記事 ゴルフスイングのときの目線とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4844

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフ ~ゴルフスイングの上手になるコツをつかもう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。