Top >  ゴルフスイングとは >  ゴルフスイングのときの目線とは

ゴルフスイングのときの目線とは

ダンスをする時は手の動きに合わせて目線を移動させるときれいに踊れるといわれているように、ゴルフのスイングのときもボールから目線を放さずにいると、ゴルフ上手になるのだといわれています。
そのため、ゴルフのスイングでボールを正確に思った方向へ遠くまで飛ばしたりするのは、極端な話が目線に左右されるのです。
ボールと目を結ぶことで、身体の動きが無意識のうちに変わっていきますのでスイングも変わっていきます。
しかし、目線を放さないからといって、じっとボールに釘づけでいた方がよい、というわけでは決してありません。
ゴルフのスイングというのは、アドレスからテークバック、トップ、ダウンスイング、インパクトと一連のアクションが短期間のあいだに立て続けでやらなければなりません。
どのアクションのときでも、ただそのアクションにばかり気をとられて、腕や足の重心のことばかりを考えていてはダメだということです。
つまり、どのアクションのときでも、全体のバランスと一連のアクションをスムーズに運ぶことをイメージしながら、ボールに目線を送り続けるようにするとよいのだということです。
そして、ボールに目線を送れるというのは、心に余裕のある証拠のひとつだともいえます。

 <  前の記事 正確なダウンスイングとは  |  トップページ  |  次の記事 ボールに目線を送れるのは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4845

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフ ~ゴルフスイングの上手になるコツをつかもう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。