Top >  ゴルフスイングとは >  よく飛ぶゴルフスイングとは

よく飛ぶゴルフスイングとは

ゴルフに夢中だという人はけっこういる一方で、ゴルフにまったく興味のない人もたくさんいます。
その両極端の人がゴルフを見て、気持ちいいと感じる共通点は、やはりボールがシューッと速いスピードを出しながら、まっすぐきれい
に飛んでいくのを見た時だといえます。
そのボールを飛ばすには、スイングが大事です。
それでは、どうしたらゴルフのスイングが思う通りに飛ぶのだろうかとあれこれ思案している人は大勢いることでしょう。
なぜならば、ゴルフのスイングで距離を出すのは非常に難しいからです。
なぜ距離が出ないのかといいますと、たいていの場合は、ゴルフのスイングで上半身が伸び切っているからだといえます。
どういうことかといいますと、トップで上半身が伸びてしまうと、力をうまく蓄えることができなくなりますので距離が飛ばないのです。さらに、アドレスからバックスイング、トップにかけての一連の動きで右ひざや、右腰がぎりぎりまで伸びてしまいますと、トップの時に力をフルに蓄えることができなくなってしまいます。

 <  前の記事 頭と身体が一致した動きが重要  |  トップページ  |  次の記事 距離を飛ばしたい場合は  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4849

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフ ~ゴルフスイングの上手になるコツをつかもう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。