Top >  ゴルフスイングとは >  ゴルフスイングのバックスイングとは何か

ゴルフスイングのバックスイングとは何か

ゴルフスイングは、正確にボールを遠くへ飛ばすための動きです。
そのため、さまざまな工夫が必要になってきますが、私たちの身体の自然な動きをいかしてボールをより正確に遠くへ飛ばせられるのかが、スイングモーションと呼ばれるものです。
さらに、ゴルフスイングのバックスイングとは、腰を右にスイングさせる動きをいいます。
ゴルフスイングのバックスイングは、左腕が地面と平行になった際に、クラブのシャフトと左腕が90度になるように意識的にポーズを決めます。
左親指側のコックが不足していると、90度にはなりませんので、くれぐれも左親指側のコックを正しい位置におき、クラブのシャフトが地面に対して垂直になるようにしましょう。
そうしますと、左腕とシャフトが自然と90度になりますので試しに実践してみましょう。
そして、ゴルフスイングのトップの位置で肩が90度以上、腰が45度に回転させられるのかどうかを試してみましょう。

 <  前の記事 バックスイングのコツとは  |  トップページ  |  次の記事 ダウンスイングとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4834

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフ ~ゴルフスイングの上手になるコツをつかもう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。