Top >  ゴルフスイングとは >  テークバックからバックスイングとは

テークバックからバックスイングとは

ゴルフスイングでテークバックからバックスイングに入り、左腕と地面が平行になった時に、クラブのシャフトと左腕が90度になっているか確認しましょう。
コックが不足している場合は、90度にはなりません。
コックとは、手首を左親指側に曲げることですが、コックが遅れたり、向きが右手の甲側になっていたりしてもシャフトと左腕が90度にはなりません。正しいコックのしかたを練習しましょう。
ゴルフスイングのトップ位置では肩の回転不足にならないようにして下さい。
肩は90度以上、又、腰は45度くらい回転できているか確認して下さい。
この時、左手甲とクラブフェイスの向きは同じになっていますか。
コックがきちんとできていれば左手甲とクラブフェイスは同じ方向を向いているはずです。
ダウンスイングは左サイドの下半身から始まるイメージを持ちましょう。
左足の親指の付け根で地面を握るよう意識して、左膝の始動からダウンスイングを始めるといいでしょう。

 <  前の記事 ナイスショットをうむには  |  トップページ  |  次の記事 ダウンスイングのコツとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4853

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフ ~ゴルフスイングの上手になるコツをつかもう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。