Top >  ゴルフスイングとは >  ゴルフスイングの回数

ゴルフスイングの回数

ゴルフのおもしろみといえば、みなさんは何をあげますか。
奥が深いという点でしょうか、それともひとりでも大勢でも楽しめるスポーツだからでしょうか。
もちろん、ゴルフにはいろいろな楽しみ方がありますが、実際にゴルフ場でゲームに興じるときというのは、間違いなくゴルフのスイングで勝負することになります。
スイングの数を数えて、少ない回数の人ほど上手だということです。
スイングをする回数は打数といいまして、打数の数え方にも方法があります。
一回のスイングを一打といい、これはドライバーのときでも、グリーンに乗った後でも同じように、一振りが一打になります。
ということは、短い距離でも、長い距離でも同じように打数に数えられますので、スイングの回数を減らせばスコアも上がることになります。
回数を減らすコツは何かといいますと、上がりのパットの時は力を入れて打ち込み、下がりのパットのときは距離を測りながら距離に合わせて力を入れすぎずに、軽く打たなければなりません。
とても当たり前のことですが、これを頭で理解できてもなかなか実践できないのが本当なのです。

 <  前の記事 右足のけりとは  |  トップページ  |  次の記事 パットの距離感とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4861

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフ ~ゴルフスイングの上手になるコツをつかもう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。