Top >  ゴルフスイングとは >  ダウンスイングとは

ダウンスイングとは

スイングをする際に、左手甲の向きと、クラブフェースの向きが同じでなければなりませんので、つねに意識的に自分の動きを確認しましょう。
このときに、左手首のコックが正しい位置にあれば、左手甲の向きと、クラブフェースの向きは自然と同じ方向を向くようになります。
また、ダウンスイングは、左ひざを意識的にダウンさせましょう。
このときに、左足に親指の付け根で地面をつかむような感覚でしっかり立ち、左ひざを意識しながらダウンスイングをしましょう。
このダウンスイングはあくまでも下半身からの動きですので、上半身が先に動かないようにすることが肝心です。
ダウンスイングで上半身から動いてしまいますと、右肩が安定性を失い、左側に体重がかかったりしますので、スムーズな動きができな
くなるわけです。
また、ダウンスイングの際には、シャフトが地面と平行になった際に、両肩がターゲットとスクエアの関係になるようにし、腰を30度ほど開くとよいでしょう。
ダウンスイングの切り返しがうまくできるようになれば、両肩と腰のあいだの回転の差が自然となくなります。

 <  前の記事 ゴルフスイングのバックスイングとは何か  |  トップページ  |  次の記事 ゴルフのインパクトとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4835

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフ ~ゴルフスイングの上手になるコツをつかもう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。