Top >  ゴルフスイングとは >  グリーンにおけるゴルフスイング

グリーンにおけるゴルフスイング

ゴルフが大好きな人でもそうでない人でもグリーンで格好よく決まればうれしいものです。
しかし、どうしたらそうなれるのか、というのはなかなか答えはないものです。
ゴルフのスイングというものには、これは絶対だ!という正解はありません。
しかし、基本的なルールは守らないとせっかく練習を積み重ねてもなかなか上達はしにくいものです。
そのため、クラブとボールの関係をじっくり研究し、クラブがボールに対して、いったいどういった動きができるのか、動きによってどういった作用があるのか、ということを理解したうえ、原則にしたがってスイングをしましょう。
よくグリーンの周辺で、思いきりボールを飛ばす人がいますが、グリーンでの距離感というものは、自分で経験上からつかむのがベストでしょう。
ゴルフの練習場やご自宅で、ゴルフのスイングを練習するときに、グリーンと仮定した練習場も設けましょう。
もちろん、ゴルフの練習場のほとんどにグリーンの練習場は備えてありますので、そこで練習すればよいことで、コースに出てゲームを始める前に、練習用のグリーンで距離感を確認するための練習をしましょう。
ドライバーやパットを含めて、あらゆるスイングの練習をしてみるといいでしょう。

 <  前の記事 パットの距離感とは  |  トップページ  |  次の記事 ショートしがちな場合は  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4863

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフ ~ゴルフスイングの上手になるコツをつかもう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。