Top >  ゴルフスイングとは >  ミドルアイアンのゴルフスイングとは

ミドルアイアンのゴルフスイングとは

ミドルアイアンとは、アイアンクラブの5番、6番、また7番のアイアンを指しますが、ミドルアイアンのゴルフスイングで、高さがずれないようにするためには、足の横幅分だけ右足を外に置き、テークバックからトップにかけて、上半身を回転させる必要があります。
そのポイントは、腰の高さで回転させることです。
アマチュアでアイアンが難しいといわれている理由のひとつとして、ゴルフスイングにおける上下のずれがあげられます。
このずれには、大きく分けて二通りあるそうです。
ひとつには、バックスイングで身体全体が沈み動きが鈍くなったり、ダウンスイングではその逆で、身体、特に上半身がすっかり伸び上がったりすることで、いわゆるバランスの悪い上下のずれが生じるのです。
この上下のずれがなぜ生じるのかといいますと、バックスイングをする際に、ボールをじっと見つめすぎているために生じるのだといわれています。
確かに、目線はボールになくてはならないのですが、そのために、意識しすぎて、ボールと頭の位置だけに気をとられてしまって、右肩が落ちていることにも気がつかないものです。
右肩が落ちてしまいますと、自然と身体は沈むものです。
したがって、頭はトップからダウンスイングにかけて、なるべく動かさないのがベストですが、バックスイング時は無理に頭を動かさないことだけを意識する必要はないようです。

 <  前の記事 スクエアスタンスとは  |  トップページ  |  次の記事 位置と高さも重要  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4867

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフ ~ゴルフスイングの上手になるコツをつかもう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。