Top >  ゴルフスイングとは >  バンカーショットのゴルフスイングとは

バンカーショットのゴルフスイングとは

バンカーショットのゴルフスイングというのは、基本的にボールを打つというよりも砂を打つような感覚でスイングをするとよいでしょう。
グリーンの周りで打つバンカーショットで砂が飛び散りますので、その砂の力を利用して、ボールを浮かせるような感じで打つのがショットと呼ばれるものです。
砂のパワーを利用しますので、砂の飛ぶ方向と角度がショットを決めるポイントになります。
バンカーショットは、リーディングエッジからではなく、ソールから打ち込みましょう。
なぜならば、リーディングエッジから打ち込みますと、ヘッドは砂に埋もれてしまって、ボールまで届きにくくなるうえ、ボールは飛ぶ角度まで変わり、いわゆるトップやザックリという状況に落ちいてしまうのです。
そのためにもソールから打ち込まなければならず、ソールから打ち込んだ場合、ソールが砂の中を滑りますので、ボールは狙った角度で飛んでくれるようになり、ミスも出しにくくなります。

 <  前の記事 スタンスの幅とは  |  トップページ  |  次の記事 バンカーでのゴルフスイングとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4871

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフ ~ゴルフスイングの上手になるコツをつかもう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。