Top >  ゴルフスイングとは >  バンカーでのゴルフスイングとは

バンカーでのゴルフスイングとは

ソールから打ち込むコツとしては、テークバックからトップにかけて、クラブのフェースが自分の頭の方向を指すようして、テークバックの初期のときに、左手の甲を空を向けさせるようにします。
そして、その姿勢で手首を折るようにしながら、フェースが自分の頭の方向を指すようにテークバックをするのです。
また、バンカーでのゴルフスイングは、左ひざをしっかり固定させて、左足に体重をかけるようにしましょう。
ザックリの多い人は、ハンドファーストのままインパクトをするようにしましょう。
そして、力を入れて、砂が遠くまで飛ぶようにしましょう。
バンカーショットはクラブヘッドが砂に入り、そこからボールを打ち、バンカーから出ていく動きを感覚で覚えることですので、練習を
積み重ねて、ボールの飛距離、角度、高さ、回転の量などに注意しながら、自分なりに感覚をつかみ、ボールをうまくコントロールしながらバンカーショットを楽しみましょう。

 <  前の記事 バンカーショットのゴルフスイングとは  |  トップページ  |  次の記事 バンカーのフェースとスタンス  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4872

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフ ~ゴルフスイングの上手になるコツをつかもう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。