Top >  ゴルフスイングとは >  ゴルフのインパクトとは

ゴルフのインパクトとは

ゴルフでボールが思うように飛ばなかったりしますと、悔しい気持ちになりがちですが、ここで少しボールがなぜ飛ばないのかを自己検証してみるとよいでしょう。
多くの方は、ゴルフのスイングが一番大切だとの意見ですが、実際のところ、ゴルフのスイングというものは、実は正しいインパクトをするためのステップでしかないのです。
したがって、ゴルフのインパクトはとても大事なものですのでよく注意して正しいポーズをとりましょう。
正しいゴルフインパクトのポーズとは、右ひざがアドレスの時よりも前に出しますが、左手甲の角度や両腕に位置、フェースの向きはアドレス時と同じようにしましょう。
そして、腰の角度は地面と平行していなければいけません。
そして、左ひざはボールを打つ方向に流れないようにして腰が平行になるようにします。
左足の付け根はインパクトまでキープしましょう。
そして、あごが地面を向いた姿勢でインパクトしないとボールがうまく飛ぶことができませんので要注意です。

 <  前の記事 ダウンスイングとは  |  トップページ  |  次の記事 アドレスからインパクトまで  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4837

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフ ~ゴルフスイングの上手になるコツをつかもう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。