Top >  ゴルフスイングとは >  ロングアイアンが上手になるポイントとは

ロングアイアンが上手になるポイントとは

ロングアイアンが上手になるポイントとしては、リラックスして、バックスイングのスピードは、トップからダウンスイングまで同じスピードで行うこと、そしてフィニッシュまでしっかり振り切ること、力の入ったアドレスで、右足にばかり体重をかけないようにすることがあげられます。
右足のみに体重をかけますと、両肩のラインが地面と平行になれませんので、気をつけましょう。
また、通常のアドレスでは、右肩上がりのアドレスの構えをしないようにしましょう。
なぜならば、この構えでは、ボールが飛びにくいからです。そして、ロフト角の少ない4番アイアンには注意しましょう。
4番アイアンの場合は、身体の重心をやや右側に置くようにして、両肩のラインをやや左上がりになるようにしましょう。
そして、ボールを高く払い打つことを意識するレベルブローを実践して、ボールに打ち込みましょう。

 <  前の記事 ロングアイアンとは  |  トップページ  |  次の記事 腕の五角形のショートアプローチ  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4876

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフ ~ゴルフスイングの上手になるコツをつかもう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。