Top >  ゴルフスイングとは >  ゴルフのアプローチとは

ゴルフのアプローチとは

ゴルフのスイングでリラックスして、ソフトな感じで構えて、左手は浅く握り、肩とひじ、手首で五角形をつくる腕五角形の構えができるようになりましたら、ぜひともゴルフスイングのアイアンに挑戦しましょう。
特に5番、7番のアイアンで試してみますと、正しく構えることで、トップやザックリが出なくなることに気がつくでしょう。
ゴルフのアプローチにはいろいろありまして、たとえば、ピッチエンドランというアプローチがあります。
これはクラブを振り上げて、ボールを転がすアプローチで、このほかにもオープンスタンスによるアプローチ、ボールを右足の前に置くアプローチ、ボールに目線を送るアプローチ、体重の重心に注意を払うアプローチ、さらにはアクションにリズムを持たらせるアプローチ
、フェースを開けるアプローチなど、実にさまざまなアプローチ方法があります。要するに、ゴルフスイングと同じように、身体を回転させてボールを打つというだけのことですが、初心者にはそれでさえも難しいのです。

 <  前の記事 ショートアプローチを上手に打つコツとは  |  トップページ  |  次の記事 グリーン周辺でのスイングとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4879

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフ ~ゴルフスイングの上手になるコツをつかもう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。