Top >  ゴルフスイングとは >  グリーン周辺でのスイングとは

グリーン周辺でのスイングとは

特にグリーンの周辺でスイングをする場合、どうしても手先だけでクラブを振ってしまいがちです。
このようにグリーンの周辺にいるときは、通常のスイングのミニ版と思えばよいのです。
とどのつまり、身体の回転も、体重の移動も、いずれも必要なアクションです。
そして、手先だけのアプローチの場合は、フェースの向きがコントロールしにくいのと、距離も不安定になります。
身体の回転に関するアプローチとしては、左のわきにタオルを挟みながらボールを打つ練習をするとよいでしょう。
小手先でのアプローチショットの場合は、左わきが開いてきますので、タオルが落ちます。
そして、バックスイングをインサイドに引くと、左わきが開き、タオルが落ちます。
さらに、フィニッシュで左わきが開きますと、クラブも不安定になりますので、ボールの方向性も不安定になります。
このアプローチでは、左わきのタオルを落とさずに、クラブを振れるようにする訓練だといえます。
左わきを締めて、身体を回転させてボールが打ちましょう。

 <  前の記事 ゴルフのアプローチとは  |  トップページ  |  次の記事 ゴルフ練習場でのトレーニング  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4880

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフ ~ゴルフスイングの上手になるコツをつかもう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。