Top >  ゴルフスイングとは >  ゴルフ練習場でのトレーニング

ゴルフ練習場でのトレーニング

ゴルフの練習場で練習する場合は、コースに出るときとは違って、いろいろなトレーニングができるのです。
かごにボールが入っている練習場がありますが、このかごを利用したトレーニングもかなり有効的ですので、ぜひ試してみましょう。
まずはいずれかの足をかごに乗せましょう。その片足を乗せた状態でゴルフのスイングを練習するのです。
右足をかごに乗せた場合は、両肩のラインも自然と足の高さに合わせて右肩が高くして、左肩を少し低くしてアドレスします。
足をかごに乗せたことで、スイングの軌道修正の練習になるのです。
また、このかごに足を乗せた状態でのアドレスのままでスイングをしますと、すくい打ちの矯正に効果があり、これと同時にダウンスイングのときに、左足にうまく体重をかけられない場合の練習にもとてもよいといわれています。
また、右足をかごに乗せて高くしたために、クラブをインサイドに引けなくなりますので、インサイドアウトの軌道ができない人でもよい効果があるといわれています。
このようにして、とても簡単なアイデアでいろいろなアプローチができるわけです。

 <  前の記事 グリーン周辺でのスイングとは  |  トップページ  |  次の記事 ダフリをよく出す場合は  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4881

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフ ~ゴルフスイングの上手になるコツをつかもう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。