Top >  ゴルフスイングとは >  リズミカルなゴルフスイング

リズミカルなゴルフスイング

リズミカルなテークバックは、まず無駄な身体の力を抜いて、わりとリラックスした感じでスイングをしますと、無理なく上体もリラックスして、両肩と両ひじの力も抜いて自然な感じでできます。
そして、クラブヘッドを動かすときには、両腕と肩でトライアングルの形になるようにイメージしましょう。
また、クラブヘッドのソールが地面を少し滑るような感じで、低く引くことも大切です。
クラブヘッドを動かすときにもうひとつ注意したいことは、バランスです。
このときに、腕や手で力んでしまいますと、クラブヘッドを振り上げる際に、身体のバランスが崩れてしまい、リズミカルな動きがとれなくなります。
また、テークバックは、腰や肩を中心とした上半身の動きに注意しなければなりません。
テークバックで腰や肩を動かすときには、上半身を動かすと同時に、頭も自然な感じで流れに乗って少し動かすとよいでしょう。
いわゆる上半身の回転とともに、リズミカルに頭も回転させると効果が出て、ボールも正確に力強く遠くまで飛ばせることでしょう。

 <  前の記事 リズミカルな動きとは  |  トップページ  |  次の記事 ゴルフスイングのロングゲームとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4842

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフ ~ゴルフスイングの上手になるコツをつかもう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。