Top >  ゴルフ関連 >  ゴルフスイングの理論

ゴルフスイングの理論

ゴルフをずっとやっているのにもかかわらず、なぜか上達しない人が多いかと思いますが、なぜ上達しないのかについて、少し考えてみるとよいでしょう。
例えば、ゴルフのスイングの基本として、ボールに目線を送ることや、柔軟な動きですとボールがよく飛ぶことや、テークバックの時に身体を思いっきりねじるとヘッドスピードが出ることなどがあげられます。
ゴルフスイングの理論とは何かといいますと、ゴルフのスイングを上達させるためのセオリーだといえます。
例えば、基本的なことのおさらいなどがそうです。
ゴルフの基本といえば、テークバックの時は両腕で三角形を作り、それをキープすることがあります。
しかし、三角形ということにあまりにもこだわりすぎてしまうと、今度は不自然な動きになり、不動の三角形でバックスウイングをし、トップの形も作れなくなり、もちろん、トップで身体をねじることも難しくなります。
簡潔にいえば、よくゴルフの解説書などを熟読しても、実際は身体を動かして、それをうまく運用できるかどうかにかかわってくるのです。

 <  前の記事 ボールに目線を送れるのは  |  トップページ  |  次の記事 頭と身体が一致した動きが重要  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4847

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフ ~ゴルフスイングの上手になるコツをつかもう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。