Top >  ゴルフ関連 >  位置と高さも重要

位置と高さも重要

高ささえ変えなければ、バックスイングのときに、少しぐらい頭が動いてもよいそうですので、むしろ身体のバランスに気をつけましょう。
そして、もうひとつのずれは、身体が伸び上がったところで、また沈み込んでしまうずれがあるといわれています。
この必要以上の身体の伸びちょ沈み込みの対処方法としては、バックスイングのときに、右足の内側に力を入れてみるとよいでしょう。
右足の内側に力を入れますと、アドレスのときの位置と高さを変更しなくても、腰を自然に回転させることができるからです。
つまり、腰の位置を変えずに、上半身だけを回転させることができれば、トップのときでも右ひざの角度はアドレスのときと同じようになります。
ゴルフのスイングのときに、腰の位置を変えるクセのある方は、コーチや友人に手助けしてもらって、クラブのグリップエンドで腰を少し押さえてもらいましょう。
その押さえられた位置をキープしながら、スイングの練習をすると効果的だといわれています。

 <  前の記事 ミドルアイアンのゴルフスイングとは  |  トップページ  |  次の記事 ゴルフスイングと向かい風  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4868

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフ ~ゴルフスイングの上手になるコツをつかもう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。