Top >  ゴルフ関連 >  ゴルフスイングと向かい風

ゴルフスイングと向かい風

ゴルフは磨かれたテクニックはもちろん必要ですが、風にも気をつけなければならない点もまたおもしろいのではないでしょうか。
よくゴルフにしている最中に強い向かい風が吹き、ボールの飛ぶ方向が変わってしまった、という経験は少なからず一度や二度はあるはずです。
このゴルフをプレイしているときに、ドライバーなどを打とうとした時に限って、起きてしまう強い向かい風が吹いた場合はどのようにしますか。
アゲインストの風が起きたことを予測して、あまり高いボールを打たないようにすることが一番確実な向かい風の影響を避ける方法だとい
えましょう。
ボールを高く飛ばしますと、風の影響で飛距離が落ちてしまいます。
その逆に、低い弾道のボールを打てば、風の影響は多少受けたとしても、かなりの確率で避けることができるのです。
そのため、ゴルフスイングのときに、できるだけ低いボールの弾道になるように心がけましょう。
それでは、どうすれば低い弾道のボールが打てるゴルフのスイングができるようになるのでしょうか。
それは、ティーアップをボールの3分の1くらいのところで止めることがポイントです。
つまり、通常よりもティーアップを低く設定するのです。

 <  前の記事 位置と高さも重要  |  トップページ  |  次の記事 スタンスの幅とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4869

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフ ~ゴルフスイングの上手になるコツをつかもう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。