Top >  ゴルフ関連 >  スタンスの幅とは

スタンスの幅とは

クラブを握るときも、いつもよりは短く握り、スタンス幅もいつもよりは狭くすると自然とボールの弾道が低くなるといわれています。
スタンスを狭くするときに注意したい点は、ただむやみにスタンスを狭くするのではなく、右足を左足側に寄せるような感じで狭くするように意識しましょう。
何も考えずに、適当にスタンスを狭くした場合は、ボールの位置が変わってしまう恐れがありますので、くれぐれも足の位置を考慮してからスタンスを狭くしましょう。
なぜならば、ボールの位置が変わりますと、スイングの形までも変わりますので、狂ったスイングではナイスショットは打てないので、スコアも出せなくなります。
したがって、ボールと左足の関係が変わらないように気をつけて、右足だけを移動させてスタンスを狭くしましょう。
ここまでは、低い弾道のボールを打つために変更した方がやりやすい動きですが、ここからは変更せずに、キープすべき点をあげましょう

たとえば、右足を移動させてスタンスを狭くしますが、スイングはいつもの通りのスイングをするようにしなければなりません。
ティーアップの場所も風の向きなどを考慮しながら、ベストな場所を選びましょう。
また、ティーアップは自分の足場よりも高い位置にしてしまいますと、あまり効果が出ませんので気をつけましょう。

 <  前の記事 ゴルフスイングと向かい風  |  トップページ  |  次の記事 バンカーショットのゴルフスイングとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4870

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフ ~ゴルフスイングの上手になるコツをつかもう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。