Top >  ゴルフ関連 >  身体のバランスも重要

身体のバランスも重要

右足に荷重した場合ですと、テークバックで身体が右に傾きますので、身体の重心が右寄りに傾き、スウェイをしてしまう可能性が大きいです。
身体のバランスが崩れ、重心が一方に偏りすぎた場合は、インパクトのときに、クラブヘッドがボールの手前に入り、ザックリになりやすいのです。
したがって、一連のアクションを正しい動作で続けますと、自然とクラブも正しい場所に打ち込めますので、当然ながら、ボールもまた正しい角度で飛んでくれるものです。
ボールが高く飛びすぎるのを恐れて、インパクトのときに力加減を弱くして、軽く打つ人もいますが、正しいアドレスで下半身を動かさないようにゴルフスイングをすれば、ボールがとんでもない角度で飛ぶことはなくなるでしょう。
ボールが高く飛んでしまう原因のほとんどは、ボールの位置が右に傾きすぎて重心がおかしくなっていたり、下半身に力が入って、アクションがスムーズにいかなかったりした場合に起きやすいです。
そのため、ゴルフスイングは、下半身をしっかり構えて、動かさずに上半身を回転するようなイメージで下半身を固定させ、上半身と腕の振りのみで、ボールを打ちましょう。

 <  前の記事 バンカーのフェースとスタンス  |  トップページ  |  次の記事 ロングアイアンとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4874

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフ ~ゴルフスイングの上手になるコツをつかもう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。