Top >  ゴルフ関連 >  ダフリをよく出す場合は

ダフリをよく出す場合は

練習場でボールがきれいに真っ直ぐに飛んでくれるのに、なぜかコースに出たとたんに、ダフリが出てしまう人はいませんか。
その原因は、実は練習場のマットにあったりします。
なぜならば、マットがありますと、クラブのヘッドが滑りますので、ややボールの手前にヘッドが入ったとしても、ボールはまっすぐに飛ぶのです。
ダフリをよく出す人は、ボールをティーアップして、ミドルアイアンでボールだけをクリーンに向けて打つようにしましょう。
ボールをクリーンに打たなかった場合、ティーがクラブヘッドに当たり、コーンという鈍い音がし、飛距離が出ないのです。
しかし、ボールがフェースの中心にきれいにヒットすれば、コーンという鈍い音はしないものです。
音を確認しながら、練習を重ねてみましょう。
いずれにしても、ゴルフは天候にも、ゴルファーの心情にも大きく左右されるデリケートなスポーツですので、さわやかな気分でコースに出た日はきっと、よいスコアを収めることでしょう。

 <  前の記事 ゴルフ練習場でのトレーニング  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4882

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフ ~ゴルフスイングの上手になるコツをつかもう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。