Top >  ゴルフスイングのコツ >  距離を飛ばしたい場合は

距離を飛ばしたい場合は

距離を飛ばしたい人は、トップの姿勢でアドレスよりも低くするとよいでしょう。
少し右ひざを曲げて、重心を下に置くような感じにすることがポイントです。
バックスウイングの時も、右ひざを低くし沈むような感じでクラブを持つとよいでしょう。
そして、ひざを少し曲げることによって、上半身はねじりやすくなりますので力も入れやすくなります。
したがって、なかなかボールの飛ばない人は、ひざの状態や上半身の状態を少し確認してみましょう。
シューッという音とともにさっと飛んでいくボールを見かけると、うらやましくなりますが、いったいヘッドスピードを上げるにはどうすればよいのでしょうか。
ボールのスピードをあげるには、簡単にいえばボールに衝撃を与えれば与えるほどよく飛ぶのだといえます。
シューッという音も、ボールが衝撃に当たり、飛んでいくときに風を切っている時の音です。
だから、ヘッドスピードを出すにはボールに強い衝撃を与えて、ボールが思いきり風を切ることをイメージしながらクラブを振りましょう。

 <  前の記事 よく飛ぶゴルフスイングとは  |  トップページ  |  次の記事 アドレスとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4850

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフ ~ゴルフスイングの上手になるコツをつかもう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。