Top >  ゴルフスイングのコツ >  ダウンスイングのコツとは

ダウンスイングのコツとは

ダウンスイングは左サイドの下半身から始まるイメージを持ち、左足の親指の付け根で地面を握るよう意識して、左膝の始動からダウンスイングを始めるといいでしょう。
決して上半身を先行させないよう注意して下さい。
上半身が先に動いてしまうと右肩が落ちてしまい、左に体重移動できなかったり、コックが早く解けてしまったりすることになりますので気をつけましょう。
ダウンスイングの時は、テークバックの時とは違う軌道を描きます。下半身からスイングするとテークバックの時の軌道より内側を通るのが自然です。無理に同じ軌道でダウンさせる必要はありません。
シャフトが地面と平行になった時、両肩は目標に対して直角の状態に、又、腰は30度くらい開いた状態になっています。
両肩と腰の回転に差が見られないとしたら、ダウンスイングのポイントをもう一度チェックしてみると良いと思います。

 <  前の記事 テークバックからバックスイングとは  |  トップページ  |  次の記事 クラブフェイスの向きとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4854

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフ ~ゴルフスイングの上手になるコツをつかもう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。