Top >  ゴルフスイングのコツ >  クラブフェイスの向きとは

クラブフェイスの向きとは

ゴルフスイングのインパクトの瞬間、右膝がアドレスの時と比べて前に出ているか確認してみて下さい。
左手甲の角度や両腕の位置、クラブフェイスの向きはどうでしょうか。
アドレスの時と同じになっているでしょうか。
腰の角度は地面と平行になっている必要があります。
左膝が打球方向に流れてしまったり上体が伸び上がっていたりするようだと、腰は地面と平行にならないですね。
左足の付け根の踏ん張りをインパクトまで保っておくことが正しい姿勢を保つために必要なことだといえます。
「あご」が地面を指した状態でインパクトしていることも重要です。
上体が左右に動いておらず、ボールをよくみていれば「あご」は、地面を指した状態であるはずです。
ゴルフスイングのフォローにおいてもテークバックの時と同じように、クラブのグリップエンドは「へそ」を指すようにします。
フォローの途中までは前傾姿勢を保って下さい。

 <  前の記事 ダウンスイングのコツとは  |  トップページ  |  次の記事 グリップエンドとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4855

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフ ~ゴルフスイングの上手になるコツをつかもう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。