Top >  ゴルフスイングのコツ >  重要な体重移動とは

重要な体重移動とは

トップで左肩が落ちてしまう、ダウンスイングで右膝が前に出る、右腰が水平移動してしまうのが直せないなど、ゴルフスイングを学んで行く過程で様々な悩みがでてきます。
いくつか原因が考えられますが、体重移動がうまくいってない事も原因の一つにあげられます。
体重は「足の親指の付け根部分」で支えるようにします。
アドレス・テークバック・バックスイング・トップ・ダウンスイング・インパクトの一連の動きに連れて、体重が左右の足の親指の付け根を移動することになります。
体重がつま先やかかとにかかっている状態でのゴルフスイングは、せっかく身体を捻転して蓄えた力を逃してしまいます。
親指の付け根で体重を支える感覚を掴みましょう。
両足の指先で地面をしっかり握るようイメージして下さい。
体重移動は両足の内側で行なわれますので、アドレスの段階でも内側にかかっているようにします。

 <  前の記事 グリップエンドとは  |  トップページ  |  次の記事 ヒールアップとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4857

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフ ~ゴルフスイングの上手になるコツをつかもう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。