Top >  ゴルフスイングのコツ >  ヒールアップとは

ヒールアップとは

両足の指先で地面をしっかり握るようイメージし、体重移動は両足の内側で行なわれますので、アドレスの段階でも内側にかかっているようにするといいでしょう。
セットアップの時に、正しく体重をかけることが出来ているように練習を重ねるとうまく出来るようになるでしょう。
初心者の場合、アドレスで「おしり」が引けていることが多いのですが、土踏まずに意識を集中すると「おしり」が後ろに引けてしまうようですね。
土踏まずは、地面に接していませんので体重を支えることは、無理かと思います。
従って、下半身が安定せずゴルフスイング中に上体が、前後左右に動いてしまうことにつながります。
アドレスで、正しく親指の付け根に体重をかけていても、スイングを始めるとかかと側に体重が移動してしまうこともあります。
このような時には、両足のヒールアップを意識してみてはどうでしょうか。

トップページ  |  次の記事 ミドルアイアンとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4858

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフ ~ゴルフスイングの上手になるコツをつかもう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。