Top >  ゴルフスイングのコツ >  ヒールアップとは

ヒールアップとは

ゴルフスイングのアドレスからテークバック、トップからダウンスイング、インパクトにかけて絶えず親指の付け根に体重をかけておくためには「ヒールアップ」を意識する必要があります。
バックスイングで肩を充分に捻ることの出来ないひとも、ヒールアップにより上半身を捻り易くなります。
では、ゴルフスイングにおいてヒールアップはどのように行えば良いのでしょう。
テークアップで左足かかとを上げるだけでは、左膝が前に突き出してしまいます。
左膝がまえに出てしまうことで左肩が下がり、その結果、右側の腰が引けてしまいます。
これでは体重が右側にうまくかかってきません。
テークバックでの左足は、つま先を地面にグリップしたままにして、かかとの外側を右足つま先側にあげていきます。
ただ、上げるのではなくて、反対側の足のつま先に向かって寄せていくようイメージするのです。

 <  前の記事 重要な体重移動とは  |  トップページ  |  次の記事 右足のけりとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4859

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフ ~ゴルフスイングの上手になるコツをつかもう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。