Top >  ゴルフスイングのコツ >  右足のけりとは

右足のけりとは

ダウンスイングでは、右足の「けり」を利用します。
「ける」というのは、右足のかかとを上げる動作のことをいうのですが、単にその場でかかとを上げるだけではないのです。
この時も、右足のかかとを左足のつま先側に寄せていくようなイメージをするといいでしょう。
テークバックの時のかかとの動きと逆になる訳ですね。
右足かかとを、その場で上げるだけでは右膝が前に出てしまい、その結果、左腰が横に逃げて、左肘も引けてしまうといったゴルフスイングになってしまうのです。
右足の「けり」をうまく行なうことができれば、テークバックからトップで蓄えた力をインパクトで存分にボールに伝えることができるでしょう。
ダウンスイングの時に、左足の親指の付け根に体重をかけられれば、下半身が左に流れることも防ぐことができるのです。
身体の左側に「壁」も作れるわけですね。

 <  前の記事 ヒールアップとは  |  トップページ  |  次の記事 ゴルフスイングの回数  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4860

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフ ~ゴルフスイングの上手になるコツをつかもう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。