Top >  ゴルフスイングのコツ >  パットの距離感とは

パットの距離感とは

上がりのパットの時でも打ち切れずにショートしたり、下がりのパットの時に力を入れすぎてオーバーしたりするものです。
特に下がりのパットの時は、距離判断が必要で、どれくらいの力加減でどれくらいの距離がとれるのか、というのをある程度予測しなければなりません。
この距離感というのは、意識的に距離をつかむように練習を重ねていけば少しずつわかってくるものです。
そして、その距離感を安定させるためにも、さらに練習を積み重ねていかなければなりません。
この距離感を培う訓練のひとつとして、ストローク式と呼ばれるパッティングの方法があります。
このストローク式というのは、手の力を使わない打ち方で、手首を使わず、腕の振り幅の大きさで距離を打ち分けるパッティングの方法
なのです。
なぜならば、手首に力を入れますと、インパクトのタイミングでヘッドが先行してしまうことが多いからです。
ヘッドが先行しますと、距離感が安定しなくなります。
だから、上がりのパットで腕のふり幅を大きく調節し、下がりのパットのときはふり幅を小さく調節することで、距離が簡単につかめて、たいていは距離感で大きな誤差は出なくなります。
そして、距離感がつかめるようになりましたら、スピードの安定性を学びましょう。
グリップを左手の小指と薬指でしっかり握って、バックスイングと、フォロースイングが同じ速度で打てるようにするとよいでしょう。
そして、インパクトのときは、手とグリップを元の位置に戻し、ストロークのときは、手首の角度をキープしなければなりません。
なぜならば、手首の角度を変えてしまいますと、ボールの方向性と距離感を狂ってしまって、わからなくなるからです。
このようにして、ポイントを押さえればきっとスイングの回数は減ることでしょう。

 <  前の記事 ゴルフスイングの回数  |  トップページ  |  次の記事 グリーンにおけるゴルフスイング  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4862

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフ ~ゴルフスイングの上手になるコツをつかもう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。