Top >  ゴルフスイングのコツ >  ショートしがちな場合は

ショートしがちな場合は

距離感をつかむのは、最初はたいてい10メートル、5メートルを打つための振り幅の距離をつかみましょう。
平坦な場所で距離感がつかめれば、上りのパットのときに振り幅は少し大きく、下りのパットのときは振り幅を小さくしてみましょう。
そして、1メートルのショットを30センチほどオーバーさせるように練習をすると距離感をつかむよい練習になります。
ショートしがちな人は、1メートルのショットを1メートルオーバーさせる練習をすると効果的だといわれています。
このようにして練習を重ねていけば、実際にコースに出たときに、30センチジャストのオーバーが出るパッティングができるようになるでしょう。
そして、バックスイング、フォロースイングというのは、ストロークが安定しないために、大きさと速度が違います。
そのため、同じ振り幅の大きさでボールを打っても、距離はなかなか安定しないものです。
ここでどうすればよいのかといいますと、ストロークを安定させるために、インパクトと同時に、手とヘッドをアドレスの位置に戻すとよいでしょう。
そして、バックスイングとフォロースイングを同じ速度にするためには、ヘッドの重さだけで打つようなイメージを持つと効果的だといわれています。

 <  前の記事 グリーンにおけるゴルフスイング  |  トップページ  |  次の記事 スクエアスタンスとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4864

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフ ~ゴルフスイングの上手になるコツをつかもう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。