Top >  ゴルフスイングのコツ >  バンカーのフェースとスタンス

バンカーのフェースとスタンス

バンカーショットでゴルフスイングをするときに、フェースを開き、アウトサイドインになって、カット打ちになっていませんか。
本来ならば、バンカーショットのゴルフスイングというのは、ほかのゴルフスイングと同様に、スクエアフェースとスクエアスタンスを守らなければよいショットが打てないのです。
フェースは、ターゲットに向かってスクエアになるのがベストだといわれています。
そして、ポーズを構えてからは、フェースの向きの確認をしましょう。
フェースは、土手よりも高い位置を指すようにした方がよいでしょう。
また、ボールの位置はといいますと、できれば左足かかとの前にあるのがベストの状態だといわれています。
しかし、スタンスは、ターゲットに対してスクエアに構えた場合、左足の上がりのテークバックのときにクラブがインサイドに上がりやすくなり、インサイドアウトになる可能性が高いので、できればピンの左側を目標にしてみるとわかりやすいでしょう。
そして、傾斜地においては、斜面に逆らった立ち方ではバランスが崩れやすいので、肩のラインを斜面に対して平行にした立ち方がよいでしょう。
肩のラインが斜面に対して平行であれば、安定しますので、ボールは比較的によい角度で飛んでくれるでしょう。
そして、左足の上がりの足場の場合は、肩が斜面に対して平行にして立ちましょう。
このときに、左ひざでしっかり大地をつかむような感じで踏ん張り、左足に荷重して、バランスをとって構えるようなイメージで立ちましょう。

 <  前の記事 バンカーでのゴルフスイングとは  |  トップページ  |  次の記事 身体のバランスも重要  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4873

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフ ~ゴルフスイングの上手になるコツをつかもう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。