Top >  ゴルフスイングのコツ >  アドレスからインパクトまで

アドレスからインパクトまで

正しいゴルフインパクトのポーズを取ってかつ、上体を左右に揺り動かさず、ボールの位置をしっかり確認してあごを地面に向けましょう。
また、ゴルフスイングのフォローは前傾姿勢のままで、テークバックのときと同じように、クラブのグリップエンドがへそを向くような感じにしましょう。
そして、手のたたみ方は左ひじを地面に向けてたたみましょう。
フォローの後半は、左足に重心をおいて腰を回し、フィニッシュで左足から頭まで一直線にして、右肩が目標を指すまで回転させると美しい一連のポーズになります。
鏡やビデオで徹底的にスイングの弱点を見つけることが上達の方法のひとつで、重心移動を上手にできているかどうかの確認もできます。
アドレスからインパクトまでの重心移動は、親指の付け根で体重を支えるため、アドレスの段階で両足の指先で地面をしっかりつかまえましょう。
そして、重心移動は両足の内側で行います。
ポイントは、足親指の付け根に体重をかけられるように、少しかかとをあげながら体重をかけることがよいでしょう。

 <  前の記事 ゴルフのインパクトとは  |  トップページ  |  次の記事 ゴルフスイングと腰の動き  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4838

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフ ~ゴルフスイングの上手になるコツをつかもう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。