Top >  ゴルフスイングのコツ >  まっすぐに飛んでいく力強いボールを打つコツとは

まっすぐに飛んでいく力強いボールを打つコツとは

ゴルフスイングでまっすぐに飛んでいく力強いボールを打つためのコツのひとつとして、腰の使い方があげられます。
ですが、腰の回転にしても両肩の回転にしても、タイミングを計る必要があるのです。
ゴルフスイングではもちろん、腰と両肩をタイミングよく回転させなければなりませんが、そのほかでもうひとつ大切なことがあります。それは、頭のをうまく回転させるのです。スポーツは身体と頭をリフレッシュさせるわけは、身体を動かすだけでなく、頭も回転させるからです。
ゴルフにも同様のことがいえます。アドレスからトップ、ダウンスイング、フィニッシュまで、いずれの動きも身体の回転と頭の回転が必要です。
試しにえんぴつを口にくわえてゴルフスイングをしてみましょう。
このときに、えんぴつが自然に回転しているのかどうかを見てみましょう。
このテストで、身体の回転と頭の回転の進行状況が簡単にわかりますので、練習の目安としても使える方法です。

 <  前の記事 ゴルフスイングと腰の動き  |  トップページ  |  次の記事 リズミカルな動きとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4840

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフ ~ゴルフスイングの上手になるコツをつかもう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。