Top >  ゴルフスイングのコツ >  リズミカルな動きとは

リズミカルな動きとは

ゴルフスイングにはリズミカルな動きが必要です。
クラブでゴルフスイングのリズムが変わりますので、臨機応変に対応しなければなりません。
たとえば、スプーンは得意だけれどもドライバーはダメな人は、スプーンでもってドライバーに必要なゴルフスイングのリズムを練習する方法があります。
そこで、少し基本的な条件を確認してみましょう。
グリップは、右手をかぶせずに、ただ横から添えるような感じで握りましょう。
そうすることによって姿勢もよくなります。
なぜかといいますと、グリップを正しく握ることで、右手に余分な力が入らなくなりますので右肩も自然とまっすぐになるのです。
そして、右肩が前に出ないように重心をしっかりさせますと、ダウンスイングの振りが安定します。
また、グリップを正しく握ることで、なめらかな肩ラインになりますので、右肩だけ少し下がったようなスムーズな感じで平行して自然に構えられるようになるのです。

 <  前の記事 まっすぐに飛んでいく力強いボールを打つコツとは  |  トップページ  |  次の記事 リズミカルなゴルフスイング  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/4841

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフ ~ゴルフスイングの上手になるコツをつかもう!~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。