Top >  ゴルフ関連読本 >  ゴルフ「ビジョン54」の哲学 楽しみながら上達する22章

ゴルフ「ビジョン54」の哲学 楽しみながら上達する22章

ゴルフ「ビジョン54」の哲学 楽しみながら上達する22章
ピア・ニールソン&リン・マリオット
ゴルフ「ビジョン54」の哲学 楽しみながら上達する22章
定価: ¥ 1,680
販売価格: ¥ 1,680
人気ランキング: 41143位
おすすめ度:
発売日: 2006-11-09
発売元: ランダムハウス講談社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
ゴルフ「ビジョン54」の哲学 楽しみながら上達する22章の詳細を見る

ウチの父が昔よく読んでいた「ピア・ニールソン&リン・マリオット」。当時は、こんなの何が面白いんだろうと思っていた。なかでも父が特に気に入っていたのが「ゴルフ「ビジョン54」の哲学 楽しみながら上達する22章」というやつだったと記憶している。

今日、僕も試しに「ゴルフ「ビジョン54」の哲学 楽しみながら上達する22章」を読んでみた。すると、父があれだけ「ゴルフ「ビジョン54」の哲学 楽しみながら上達する22章」に夢中だったワケが少しだけわかったような気がする。

ここんとこ風が強い日が続いている。
来週末、寝台列車にでも乗って1人で小旅行に出かけようか。

僕はクローゼットの中のボストンバッグを引っ張り出した。

もう少し安ければな。。でも持っている価値がある素晴らしいゴルフ哲学書。必読。
ビジョン54という言葉の意味するところは「全ホールでバーディーをとる」だ。
この本は、その言葉をアイコンとして、22章にわたる主にゴルフに対する考え方、一部、練習の方法の本である。
そして、読み進むうちに、それがまさに哲学であることに気がつく。 それと、意識、無意識にかかわらず、この本の思想に影響されたGOLF本が多いことにも気がつくと思う。

ちなみに日本語版の序文は、宮里藍さんが書いている。彼女もこの本と、アニカソレンスタムに強い影響を受けた一人だ。 最後の「楽しみましょう」というメッセージも、彼女からなればこそ、心に響く。

ゴルフの上達だけではなく、人生に対する哲学書、物事に対するアプローチの方法論としても素晴らしい本だと思う。間違いなく近いうちに再読するし、持っておき続ける本だ。
難解なところは何もないのに、深い内容の本だ。こういった本はなかなか書けない。著者がいかに深くゴルフというスポーツの本質を考え続けているのか、よくわかる。

ただし、ゴルフをしない人には、何を言っているかまったくわからない本だと思うので、あくまでゴルフをやる人に限定して強く勧める。



藍チャンも絶賛
「ビジョン54」はゴルフをする人なら、今や常識。技術的なことを学ぶより、心の安定を得ましょう。プロだってミスショットします。優勝争いの極限の中で、池越えでグリーンを狙う時にミスショットした選手の場面をスロービデオで見せるより、そのショットの前に、選ぶクラブを迷った選手の心理をビデオで放映すべである。本当の原因は、決断がつかないままショットしたことにあったのだ。こういったエピソードを交えて、本文が続きます。練習場ではナイスショットがでるのに、ラウンドでは経験が活かせない、このようなプレーヤーに最適の本です。

ゴルフ「ビジョン54」の哲学 楽しみながら上達する22章の詳細を見る

 <  前の記事 ゴルフは歳をとるほど上達する―ゴルフと体のコンディショニングをとことん語り合う (ゴルフダイジェストの本)  |  トップページ  |  次の記事 イップスの科学  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/3355

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。