Top >  ゴルフ関連読本 >  俺と闘った男たち―戦場のフェアウェイ

俺と闘った男たち―戦場のフェアウェイ

俺と闘った男たち―戦場のフェアウェイ
青木 功
俺と闘った男たち―戦場のフェアウェイ
定価: ¥ 1,223
販売価格: ¥ 1,223
人気ランキング: 451741位
おすすめ度:
発売日: 1992-09
発売元: 集英社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
俺と闘った男たち―戦場のフェアウェイの詳細を見る

俺と闘った男たち―戦場のフェアウェイは、大変わかりやすくまとめられています。文章は結構見やすくて、スラスラ読めました。

この本の内容を実践していただければ、本物だということが実感いただけると思います。
俺と闘った男たち―戦場のフェアウェイは、健康を願うすべて人が、今すぐ読むべき本といえるでしょう。

この本は読んでいて抵抗なくスンナリ入ってきます。
この本は教科書として、購入し、頻繁に読み返しております。
俺と闘った男たち―戦場のフェアウェイは、本の値段以上の価値があると思います。

俺と闘った男たち―戦場のフェアウェイは、 しかし、読みすすめていくうちに、思わずハッとさせられます。

この本を読んでいて、これは正しいと思っていたいくつものことが、間違いであったことを認識させられました。
俺と闘った男たち―戦場のフェアウェイの記述内容を生活の中に取り入れると変化を感じると思います。
人生を変えたくなったら、是非、俺と闘った男たち―戦場のフェアウェイを手にとってください。 初心者に分かりやすい本です。一読をオススメします。

青木功と20人のライバル達
日本の男子プロゴルファーとして、国際的な活躍を認められ、2004年には「世界ゴルフ殿堂」入りを果たした青木功さんが、世界各地で競い合ったライバル達の思い出を、50歳・米国シニアツアー入りを一つの節目として書き上げた一冊。

既知の話も少なくないが、身近に接していたからこそ知り得たエピソードや、試合中の心理状態の読み合いなど、その場の空気を吸っていたもの同士でしか分からないような話も書かれている。

本書のために寄せられた、ライバル達の青木さんへの一口コメントは、短い中にも含蓄があり、世界を相手に闘い続けた青木さんへの、畏敬の念が込められているように思えた。

俺と闘った男たち―戦場のフェアウェイの詳細を見る

 <  前の記事 千里の道も第三章 (第13巻) (ゴルフダイジェストコミックス)  |  トップページ  |  次の記事 パークゴルフ場徹底ガイド〈2006〉  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://biodr.net/mt2/mt-tb.cgi/3359

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「ゴルフスイング関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。